• facebook
  • THE NAGANUMA CHANNEL

学校法人長沼スクール新型コロナウイルス感染対策基本方針

学校法人長沼スクール
東京日本語学校
理事長 長沼一彦

 

1.予防(クリック)

  1. 新しい生活様式の順守(消毒,マスク,手洗い,対人距離)
  2. 立ち寄り場所の注意(新宿など,人の多いところの回避)
  3. 正しい予防,対応策のための相談先(学校医や病院等)の確保
  4. 厚生労働省の接触確認アプリ(COCOA)で陽性者との接触確認
  5. 正確で最新の情報の入手

http://www.clair.or.jp/tabunka/portal/info/contents/114517.php(多言語)
https://www.city.minato.tokyo.jp/hokenyobou/yasanichi.html(多言語)

 

2.2020年12月までの対策

  1. ネット授業,教室授業のいずれにも対応した学校
  2. 感染者発生準備(連絡体制の整備,対応の周知,検査手段や薬剤の情報提供)
  3. 学生,教職員の基礎疾患情報の集積
  4. 学校全体で消毒,手洗い,マスクや咳エチケットなど感染拡大防止の徹底
  5. テレワーク,時差出勤・登校等により,職場や学校や交通機関での密な接触の回避
  6. 感染が判明した人,濃厚接触者に特定された人,発熱等の風邪の症状がみられる人,同居人に発熱等の風邪の症状がみられる人は,「出席・出勤停止」(すべての症状が消失してから3日後まで)の措置

 

3.基本的な対応

(1)学生または保護者から感染が「不安」で登校したくないとの相談があった場合

  1. 学校の考え方や対応策を伝え,登校を促す。
  2. その上で,理由の合理性から「出席停止」等の柔軟な取扱いを考慮する。

 

(2)自分または同居人に「発熱,風邪の症状」がある場合(クリック)

  1. 出勤,登校を中止し,学校に連絡をして自宅で3日間休養する。
  2. その間,自宅で検温し,教職員に報告する。
  3. 必要と感じた場合,最寄りの保健所や電話相談窓口に相談し,学校に届け出る。

※新型コロナの可能性がある症状:熱,咳,嗅覚・味覚の異常,下痢,血栓,不整脈,皮膚症状等

 

(3)学生や教職員の同居人が「濃厚接触者」となった場合

  1. 学校に届け出る。
  2. すぐに出席・出勤の停止措置等はとらない。
  3. 同居人に症状が出たときは,同居人が陽性者となったときと同様の対応をする。

※濃厚接触者:「距離:1m以内」と「時間:発症2日前から+予防なしで15分以上接触」した人

 

(4)同居人が「陽性者」または「感染者」となった場合

  1. 本人は、出席停止または出勤停止とする。
  2. 保健所の指導のもと,要件を満たした時点で本人を出席停止・出勤停止解除とする。

 

(5)学校で「感染者」または「陽性者」が判明した場合

  1. 教職員は感染症発生状況や出欠状況を調査し,報告を受けた対策本部は学内に周知する。
  2. 該当者を出席または出勤の停止の措置を取る。
  3. 保健所が濃厚接触者を特定するまで,学校の全部または一部を休業(最長2週間)する。
  4. 保護者,学生,教職員へ学校より速やかにメールにて通知する。
  5. 臨時休業中の健康観察や学習課題等について,学生に連絡する。
  6. 保健所から本人への聞き取り,学校内の濃厚接触者の特定及び指導助言を受ける。
  7. 聞き取りや保健所の指導等により学校を再開する。

 

(6)校内の消毒

  1. 学生の登校前,分散による入れ替わりのとき,手を触れる箇所(ドアノブ,手すり,椅子,机,蛇口等)を1日1回以上消毒する。
  2. 消毒,ごみ処理は担当職員が行う 。
  3. 換気,マスク着用,手袋使用等,感染防止対策を講じる。
  4. 臨時休業等の場合,学校全体の消毒を行う。

 

(7)対応体制(クリック)

  1. 対策本部を設置する。
  2. 新型コロナウイルス発生時提出基本書類の提出の準備をする。
  3. ホームページ,メール,電話等,連絡体制を確認,更新する。

 

(8)その他

  1. 行事等への対応など個別案件については,理事長の判断によるものとする。
  2. 文部科学省等からの指針等が出されたときは,その内容に則する。
03-3463-7261

平日9:00から17:00
(日本時間)

英・中・韓・越 対応可