『日本語教育研究』

『日本語教育研究』とは

『日本語教育研究』は、一般社団法人長沼言語文化研究所が、年に一回発行している日本語教育に関する研究誌です。日本語教育に関する論文や調査報告など、一般からの投稿および、長沼スクール主催の講座の報告等を掲載しています。

『日本語教育研究』の歴史

『日本語教育研究』の歴史は、1954年までさかのぼります。
長沼スクールの前身であった「財団法人言語文化研究所附属東京日本語学校」主催の「日本語教師養成講習会」が日本語教師を目指す人を対象に軽井沢分校で開校され、1985年まで続けられました。日本語教師養成を目的とする講習会はこの時期これが唯一のもので、ここから多くの日本語教師が巣立っていきました。

1954年、「日本語教師養成講習会」の出身者らによる「日本語教師連盟」が発足し、機関誌『たより』が始まりました。『たより』は名前のとおり、連絡誌でもあり、同窓会誌でもありました。しかしながら、第16号ごろから徐々に教育実践をふまえた研究誌的性格になっていきます。教授法や教材に関する講演要旨や解説記事が増え、いわば、誌上研修ができるような構成になっていきました。『たより』は、34号まで刊行され、その後は誌名を『日本語教育研究』に変わりました。『日本語教育研究』となった今では、日本語教育に関する論文や講座の報告等を掲載し、年に一回発行しています。

バックナンバーのご紹介

最新号 第62号のご紹介

[長沼スクール特別講座] 全米外国語協会(ACTFL)の読むプロフィシェンシーとその判定法は何か? そして、プロフィシェンシーを高めるためには何をすべきか。 牧野 成一
長沼メソッドの源流をたどって
―ハロルド・E・パーマーのオーラル・メソッド(2)―
鈴木 潤吉
日本語を教えるとはどういうことか(4)
―「できる」の再考:日本語運用の5つのレベル―
大河原 尚
日本人と中国人は場面の捉え方がどのように異なるか
―「助言」に対する断り行動を中心に―
王 源・山本裕子
話しことばにおける縮約形に関する研究
―ドラマと日本語能力試験の考察を中心に―
呉 岳樺
長沼スクールだより
[授業研究]活動型授業「自分史スピーチ」の学習動機付けへの有効性
―二つの学習者グループを比較して―
升岡香代子
長沼スクールスピーチ大会優秀賞受賞スピーチのご紹介
第75,76,77回 長沼スクール日本語教師集中セミナー・対照言語講座・特別講座・OJAD講習会開講報告

お問い合わせ先

バックナンバーに関するお問い合わせ、ご注文

投稿募集中!

日本語教育研究に投稿してみませんか?

学術論文、教育研究報告、世界各国の日本語教育事情、研究会・勉強会レポートなどの報告、海外での教授経験、現場での体験などの体験記、研究会の開催告知、予定など、日本語教育に関することなら何でも構いません。

提出期限

2017年6月26日(月)
第63号(2017年10月発行予定分)掲載分として

投稿規定

詳しくは、投稿規定をご覧ください。

03-3463-7261

平日9:00から17:00
(日本時間)

英・中・韓・越 対応可